飲んで内側から。塗って外側から

キャッツクロー製品

キャッツクローの歴史と「フジモリ計画」
ペルーの先住民であるインディオは、ツルを切った時ににじみ出る樹液を飲んだり、樹皮を煎じてお茶として飲んだりしていました。何世紀ものあいだ珍重されてきたキャッツクローの研究が進み、人気が出たことによってペルー産キャッツクローの伐採が進み、激減してしまいました。
そこで、当時のペルーのフジモリ前大統領が「キャッツクロー保護法」を成立させました。 前大統領自らが乗り出し、大がかりな予算を投じて1年に100万本の植樹を行うなど、キャッツクローの育成に注力しました。
キャッツクローは、根を掘り起こすとその場所に生えなくなってしまいますが、樹皮だけを取り、根を残すことで再生を可能にするというものでした。キャッツクローは非常に生命力の強い植物で、根を残して幹やツルを切るようにすれば、約4年かけて、またもとの大木に生長し、収穫するほどのツルを再生できると考えられたのです。
このようにしてペルーでは自然のキャッツクローを絶やさないために国をあげて、保護する努力がなされました。
大がかりな予算を投じて1年に100万本の植樹を行う計画は、キャッツクローを守るという以外にも重要な意味があるものでした。
それは、貧しい人々が今まで貧困の中、生き抜くために栽培していたコカインからキャッツクローに切り替えるというものでした。アマゾンの貧困地帯にキャッツクローを植樹することで、麻薬撲滅と貧困解消を図ろうとしたのです。これは「フジモリ計画」と呼ばれ、社会問題の解決につながりました。

 

飲む、塗る二つのラインナップ

  • キャッツクローエキス
  • キャッツクロークリーム

飲んで内側から

キャッツクローを酵素抽出し、ほんのり甘く飲みやすい顆粒タイプにしました。お茶やお湯に溶かすだけで簡単に美味しくお飲み頂けます。

内容量
180g(3g×60包)
原材料名
キャッツクロー(ペルー)、賦形剤(ブドウ糖、パインファイバー)
商品説明
キャッツクローは、インカの時代から約2000年に渡り、アマゾンの先住民たちに健康素材として使われてきました。本商品は、キャッツクローを低温で酵素分解しエキス顆粒に仕上げました。
お召し上がり方
1日1~2回、1~2包を目安に、お茶やお湯などに溶いてお好みの時にお飲みください。
そのままでお飲みいただけます。
妊娠中・授乳中の方は飲用をお控えください。

6月27日より販売開始

塗って外側から

肌にすっと浸透する馬油クリームにキャッツクローエキスを混ぜ込んだ外用クリーム。。

内容量
30g
原材料名
馬油、ミツロウ、ホホバ種子油、水、ウンカリアトメントサエキス(キャッツクローエキス)、ショウガ根茎エキス、BG、バニリルブチル、流紋岩末、メントール、トコフェロール、シクロヘキサン-1、4-ジカンボン酸ビスエトキシジグリコール、フェノキシエタノール
商品説明
【キャッツクロー】
約2000年に渡り、アマゾンの先住民たちの治療薬として使用されてきた伝統ハーブ。【馬油の働き】
じっくり時間をかけて低温抽出した馬油は、お肌との相性が非常によく、角質層への浸透力・保湿力に優れています。【豊富な「αーリノレン酸」】
お肌のトラブルに大切な成分「αーリノレン酸」が、より効果的に皮下組織まで浸透し、お肌にやさしく働きます。
ご使用方法・注意
よくのびますので、少量ずつ手に取り、薄くのばしてお使いください。
付属のスパチュラ(小さいスプーン)を使用することで、クリームをより衛生的にご使用いただけます。
天然素材のため、衣服へ付着する恐れがあります。
目元・口元・傷口・湿布を張った箇所などにはご使用にならないでください。

6月27日より販売開始

PAGE TOP